CTEK MXS 5.0

先だって取り付けた バッテリーチャージャー ですが

とりあえず充電はできるのですが、本来はバイク用で放置充電だとけっこう加熱するので 中華お決まりの発火の不安が拭えず おまけに0.75Aと充電が遅いので、結局人気のCTEKに交換しました。

安物買いのなんとやら ですね(笑)

 

2020年モデルの MXS 5.0  ですが

充電電圧: 二輪車/普通車モード:最大14.4V AGMモード: 最大14.7V リコンディションステップ時:15.8V
充電電流: 最大4.3A ※二輪車モード時は最大0.8A
充電器のタイプ: 8ステップ、全自動充電サイクル
対応バッテリー: 12V 鉛バッテリー(ウェット、カルシウム、ディープサイクル、AGM、GEL 、EFB 等)
対応容量: 充電:1.2~110Ah メンテナンス:1.2~160Ah

と、申し分ない性能で 並行品がオクで9.5kと格安だったので 迷わずポチ

 

早速取り付けました。

これで115Ahのサブ(ワニ口使用)と85Ahのメイン(配線済み)どちらも中間コネクターを差し替えて充電できるようになりました。

リチウムバッテリーはまだ時期尚早なので、しばらくは鉛バッテリーでいく予定ですので、まあいい買い物だったと思います。

 

が、実際充電したら中華のバイク用よりすごい発熱で(汗

検索したら熱くなるけど大丈夫って話でしたが、ネジ止めした内装が半分溶けて張り付いてたので、無理やり引っ剥がしてスペーサーを入れました。とほほ。

今後はスペーサーの代わりにヒートシンクを取り付ける予定。

なかなかうまく行きませんな(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください