ポータブル電源 完成

youtubeの動画に刺激されて、余っていた100Ahのリチウム電池を非常・災害用のポータブル電源として活用することにしました。

主な材料

1.リン酸鉄リチウムバッテリー 100Ah KEPWORTH

2.正弦波インバーター 1500W Xiija (Ali)

3.USB DC12V 取り出し (Ali)

4.非常用LEDライト (手持ち在庫)

これらを尼でみつけたケース JEJアステージ 耐荷重500kgfに組み込んでみました。

いろいろ検討した甲斐があってシンデレラ・フィット(笑)

びっくりするほどぴったりフィットしました(笑)

手前はインバーターのリモートスイッチと 12Vヒューズボックス

内蓋トレーに100V充電器と DC12Vソケット*2+USB*3+PD*1

電圧表示はまあそこそこの精度のようです。

バッテリーに付いているUSB*2と充電ソケットを活かすために サイドに穴開けてタカチのポリカ蓋を取り付け

 

背面に100Vソケット*4+USB*2 個別スイッチ付

サイドにLEDライトをエーモンの10段階明るさ調整スイッチを介して取り付けました。最低だとオフになります。

全開だと目潰しレベル(笑)

残量計をつけようかどうしようか迷っていますが、電圧で把握できますので とりあえず一旦これで完成とします。

リチウムは自己放電が少ないので、数ヶ月に一度補充電してやれば大丈夫です。もちろん外出時に予備電源として積載してもいいのですが、今の所長期放浪は難しいので、しばらくは災害用として保管しておく予定です。

キャンパーの200Ahにソーラー追加するかどうかなんですが、今のところは過剰装備になるので いずれ出物を見つけたときにでも。屋根登りたくないし(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください