サブバッテリー 修正

とりあえず安定運用できるようになりましたが、前回材料不足の中慌てて作って ちょっと気になる点が残っていましたので、念の為修正しました。

1.セル端子 バスバーのカプトンテープでの絶縁

2.貫通ターミナル部分の圧着端子の交換 密着度アップ

3.ターミナルまでの配線が少し長かったのでカット

4.各部増し締め・緩み防止 取り回し変更

5.画像にはないですが、セル端子上に絶縁強化の発泡プラ板追加

 

ここまでやれば一安心って感じです。

 

 

BMSの端子を外したので、一旦充電器をつないでアクティベーションし起動させました。

状態はすごくいい感じです。満足(笑)

 

以前使っていた100Ahのリチウムバッテリーですが、youtubeで同じバッテリーの上に1500Wのインバータ載せてモバイルバッテー化しているのを見て、真似してみようかと思案中。

ウチのインバータはオンリースタイルの正弦波1500Wで10諭吉弱なのですが、中華のおなじような性能のものだと1.5諭吉で買えてしまうのです。

もちろん耐久性とか信頼性は劣るのでしょうが、モバイルで使うならこれでもいいかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください