弐号機の断熱

コロナで暇になったので、懸案のルーフ断熱に取り掛かりました。

今回は防音と断熱を兼ねて東レのペフを使用することにしました。ペフは以前にも使用したことがあり なかなかいい仕事をします。

が、GWに到着するはずがなかなか来ず3週間遅れできまして もう屋外作業は灼熱地獄、おまけにぎっくり腰寸前の状態なのでかなりげんなりしましたが この先暑さはますます厳しくなるので頑張ってやっつけました。

 

天井のクリップやらネジやらをごっそり取り外して ペラペラのルーフライニングを取り外すと、案の定断熱なし鉄板むき出しの状態。軽に限らず車って見えないところはめっちゃコストダウンの手抜きだらけですよねぇ。

おかげで雨が降ったらうるさいわ 夏はカンカンに焼けるわで 我慢ならなかったんですよ。ハイエースは断熱してるんで余計にそうかんじるのかも。

で、この後届いた荷物を開梱したらなんと品物違いで 粘着シートがついてないタイプが・・・

今更この状態から返品も勘弁 ということで仕方なく両面テープで貼り付けました。

 

 

ベタ貼りのはずが 両面テープになってしまったので、防音効果は多少落ちてしまいましたが、まあもう気にしないことにします。

これで梅雨~夏が乗り切れたらいいんですけどね。

画像は撮ってませんが、ハイエースも弐号機もウエザーストリップの空洞部分に 熱帯魚用のシリコンチューブをカテーテルよろしく挿入したので、密閉度があがり若干静音化できた模様。

こんな感じで車いじりにはもうあまりお金をかけずに チマチマいじりで次期FX選定まで凌ぐ予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください