ACC切替スイッチ

acc

停車中にナビをサブバッテリーで動かすべく ACCの切り替えスイッチをインパネ右上に追加しました。

5極リレーで スイッチを押すとサブバッテリー電源に切り替わるようになっています。これでテレビでも音楽でもバッテリー上がりを気にせず使えるようになりました。

 

左上のスイッチはルームランプのオンオフスイッチで 中に配線があるのにスイッチを付けていないという いかにもトヨタらしい貧乏臭さで、スイッチだけ別途購入して取付るだけでOKという簡便なものです。

ただ、ルームランプの「ドア」を選択しているときは消灯できず 「オン」にして完全手動で使う以外ないので、それほど必要ではないかもです。

ちなみに左下はバックアシストランプのトグルスイッチで 上でバック連動 下で点灯 真ん中がOFFになっています。

コンフォート シャックル

shackle

もともとコンフォート リーフが入っていましたし、エアサスも追加したのでそれほど不満があったわけではないのですが、ついつい能書きに釣られてコンフォート シャックルを買ってしまいました。

結果から言いますと 平坦に近いところでは若干コトコト言うのは減ったかんじはしますが、肝心の大きなギャップでの衝撃はそれほど大きな変化はなく、乗用タイヤにしたほうが効果が大きいのではないかと思います。

ベアリング式のリーフブッシュとかもあるようなので、余裕ができたら追加してみようかと。

 

冬タイヤは乗用タイヤにしましたので、12月になったら交換して感触を確かめようと思います。

 

しかし マフラー汚い・・・ 騒音規制のせいで社外品がほとんどないのがネックですね。フジツボのはあるんですが・・・

バックアップランプ

backlamp

テールランプをVALENTIのLEDに交換しているのですが、バックランプが致命的に暗く、苦労しておりました。おまけにフィルムまで追加したので 後ろが真っ暗で・・・

最初はスペースギアにつけていたPIAAのバックアップランプを移植するつもりでしたが、ブサイクだからやめろと整備長に却下され(笑)

いろいろ探して LEDのバーランプ36Wというのを取り付けました。

バックに連動&単独点灯出来るようにしています。

画像ではわかりにくいですが かなりの爆光でバックカメラの映像が飛ぶほど明るいです。

が、残念ながら左右拡散は今ひとつでして、流用だとまあこんなもんかというかんじです。

でもこれで夜間はかなり楽になりました。

パイプハンガー

pipe1

テーブルの上が暗いので LEDのダウンライトを追加したのですが、ちょっと青くて失敗(汗 いずれ別のにやり変えたらご紹介します。

後回しになっていた釣り装備です。

エルグランドの頃に付けていた カーメイトの10本ロッドホルダーがあったんですが、バストーナメントを引退して以降 邪魔になるので物置にしまいこんでいました。

もったいないのでパーツ流用で10年ぶりに復活しました。

 

天井内張りのピンを抜き 穴を10mmドリルで開け直し、何故か工具箱に転がっていたターンナットを押し込んでホルダーのベースを固定。

1200mm25mmΦのステンパイプを突っ込んでネジを締めたら完成。

左右ともで20分ぐらいでしょうか 超簡単です。

 

pipe2

肝心のロッドホルダー部分は 10本組キットだと間違いなく頭ぶつけるので これだけを左右に付けて運用予定。

6本くらいは持ち運びできそうです。

夜間の加湿用に 温泉後のタオルを掛けておくのにもぴったりです(笑)

 

ブラックアウト

tirehouse

前の車高を純正近くまで戻したんですが タイヤハウス内が見苦しかったので、ブラックアウトしました。

タイヤハウスの隙間も目立たなくなり なかなかすっきりとした仕上がりになりました。

エアサスにサブタンクを追加しエア漏れ対策もしたのですが、残念ながら完全に漏れを止めることが出来ず ジワジワと抜けていきます。

1.5キロほど入れるとこの画像ぐらいの車高になり 乗り心地がかなり劇的に改善されるので、なんとかもうひと踏ん張りしたいところです。

サウンドシャキット

shakit

サウンドシャキットは10何年以上前から使い続けていて、もう1台のほうに取り付けているのですが、残念ながらメーカーが既に製造を中止してしまい、中古でしか入手できなくなってしまっています。

ですので、今回オークションで程度の良さそうなものを入手できてほっとしています。

これを取り付ける前に前ドアのスピーカーをカロのセパレートに交換したのですが、ALPINEのナビの音質がどう調整しても好みにならず、サブウーファーを追加しようかとも考えたのですが やはりシャキットにして正解でした。

サブウーファーなんてなくても十分すぎる低音とくっきりした音場に大満足です。コントローラーはシフトの右側ハンドル横に貼り付けてあります。

iPhoneのアプリで同メーカーのUBiOというのがワンコインでありまして、ほぼ同様の調整がアプリ上でできるのですが、やはり音質はこちらのほうが圧倒的に良くなりますね。

 

0:41でシャキットON 1:11でOFFです。

音質の変化がわかるでしょうか?

オーディオはこれで「アガリ」になりそうです。

 

ショック交換

TOURINGA

もともとKONIのショックがついていたのですが、フロントがバンプに当たるほど下げられていて サスペンションからの異音に悩まされていたので、車高調整と同時にショックも交換しました。

今回は touring A というカヤバOEMで、減衰力をダイヤルにて簡単に14段階!で調整できますので、エアサスと相まって乗り心地が細かく調整でき とても便利になりました。

前車高もトーションバーを絞って2㎝ほど上げて純正ちょい低くらいに戻し 減衰力をフロント:9 リア:6 にセットで ほぼワゴンチックな乗り心地になり満足しています。

減衰力を柔らかめにしても広い車幅のおかげでロール感はほとんど感じませんから、これで足回りは完成でいいかも。

キャンパーですので乗用タイヤに交換するともっと良くなりそうです。

本当はオーリンズが欲しかったのですが、これはほぼ半額ですので、消耗品としてはこれで十分すぎると思います。おすすめです。

 

センターコンソール交換

console

非常に使い勝手の悪かった純正センターコンソールを クラフトプラス製に交換しました。

物自体は収納力もありアームレストの高さもちょうどよく なかなか使い勝手が良いのですが...

 

とにかく臭い!

 

接着剤かレザーの臭いかわかりませんが とんでもなく臭いので、抜けるまでは換気が必須です。

12Vソケット増設して、プラズマクラスター常時稼働しようかと考え中。

 

あと、ナビが反射で見づらいので 2mmの発泡シートで簡易バイザーを作成しました。

隙間に突っ込んであるだけの簡単お手軽なのですが けっこう効果的でおすすめです。

外部照明

light

以前はマグネット式のワークライトを使用しておりましたが、面倒でしたので固定式にしました。

海外通販で防水のオーニングライトを購入したのですが、1回目は不点灯のLEDがあったので返品し 少し大きめなものを再度購入しなおしました。

当初はボディにネジ止めするつもりでしたが、いつ故障するかわからないのでボディに穴開けは・・・っていうのと 内側からカーテンレールを天井内張りごとがっつり固定してるので 内張りを外すのが面倒なのもありまして、いろいろ考えた挙句タープ用のフックを改造してレインモールに固定することにし 配線はスライドドアのウェザーストリップから中に引き込みました。

 

on

釣具の用意や 食事のときなど これがあると便利なんですよね。

サイドオーニングつけたらこのライトは移動しなくてはいけないんですが、オーニングは前のキャンパーでも殆ど使わなかったので、まあ当分はこのままで使用する予定です。

初出動

2016-07-31

大体の装備がやっと完了しましたので 取り敢えず近場にてシミュレーションです。

やはり以前のキャンパーとはかなり勝手が違うのですが、まあおいおいシステム化を進めていくつもりです。

bf

窓面積が広いので 夏場はかなり暑い模様です。

まあこれは覚悟はしておりました。発電機&エアコンもありませんし。 カーテン引いて遮光してもいいんですが、飯時に景色が見えないのも寂しいので、現状の純正のプライバシーガラスにフィルムを追加しようかと考えています。

あと 風通しを良くするため できればリヤガラスを外してFRPパネル&アクリル窓にしたいなと まあそんな野望が湧いております(笑)

Regius Ace Camper の日々